エステより若干劣るけど家庭用脱毛器ならケノンがおすすめ

エステより若干劣るけど家庭用脱毛器ならケノンがおすすめ

近所に脱毛エステが無い!忙しくてエステに通う暇が無い!でも、脱毛したい!という方にはケノンという家庭用脱毛器をおすすめしています。エステの効果よりは若干落ちるけど、母親や姉・妹・父のヒゲ脱毛とか兼用が可能なので割り勘で購入できると評判です。

 

脱毛器ケノン
http://ケノン.com/

 

なぜ、エステの脱毛と若干の違いしかないのか?

エステの脱毛もケノンも光脱毛という手法を使っています。

 

単純に考えると、

 

『光の出力がエステのほうが高くて、その分エステのほうが脱毛効果が高いんじゃない?』

 

と考えがちなんですが、実は、このあたりのことは、薬事法で規定があり、エステにしても家庭用脱毛器にしても、ただただ、出力を上げるということができなくなっています。

 

というより、薬事法で定められてる上限まで出力を上げると、ただヤケドしてしまうだけなんです。

 

だから、ヤケドしない程度の出力で光を照射するというのが通常です。

 

つまり、エステも家庭用脱毛器も光の出力に関してはそれほど違いがないということなのです。

 

じゃ、何が違うの?

脱毛効果に違いが出てくるのは、実は、

 

光を照射するフィルターと光を照射している時間

 

の違いです。

 

光脱毛の場合、痛みを軽減するために、脱毛する部分の肌を冷やします。痛みを軽減できれば、それだけ、光を照射する時間を長くすることができます。

 

光を照射する時間が長くなれば、その分脱毛効果が高まります。

 

ほとんどのエステでは冷却ジェルを使って肌を冷やします。

 

ケノンは保冷剤を使って肌を冷やします。

 

まず、ここが大きく違う点です。

 

保冷剤を使って冷やすよりも、冷却ジェルの上から光を当てるほうが痛くないし、照射時間も長くなります。

 

痛いといっても、よく脱毛エステのホームページに書いてあるような輪ゴムをはじいた程度の痛みです。

 

この照射時間の長さが脱毛効果の違いになっていくわけです。

 

また、エステによっては、この冷却ジェルに脱毛成分が入っているところもあります。

 

これがまた、脱毛効果を高めるわけです。

 

ただいずれにしても、エステと家庭用脱毛器の脱毛効果に雲泥の差があるわけではなく、光の出力の上限が決まっている以上、それほど差がないということです。

 

この差を埋めるには、回数をこなすことである程度可能です。

 

たとえば、エステで6回コースを選ぶつもりだったなら、ケノンで9回やるとか・・・。

 

ただ、

IラインOラインはケノンはダメ!

簡単に説明すると、光を使った脱毛というのは、色の濃い部分に光が作用するという原理を使っています。

 

これが、光脱毛がうぶ毛や白髪には効果が薄いと言われるゆえんです。

 

また、白人より黄色人種のほうが痛みを感じるという理由です。

 

なぜ、IラインOラインはケノンはダメなのか?

 

性器や肛門って肌より色が濃くないですか?

 

濃いですよね。

 

色が濃いということは、そこに光が作用してしまう可能性があるのです。

 

光が作用するということは痛いのです。

 

だから、ケノンでIラインOラインは止めたほうがいいです。

 

Vラインは大丈夫ですよ。問題なく脱毛可能です。

 

トリアと比較するとどうなのか?

よく、ケノンと比較されるのがトリアです。

 

⇒ トリア公式サイト

 

何が違うのかというと、ケノンは光脱毛で、トリアはレーザー脱毛です。

 

レーザーの場合、照射面積が非常に狭くなります。その分手間も時間もかかりますし、脱毛箇所がまだらになったりします。

 

ケノンとトリアの照射面積は、ざっと計算すると、

 

ケノン:トリア = 22:1

 

くらいです。

 

単純に、22倍時間がかかると考えてもいいです。

 

なので、トリアを使うのなら部分脱毛がおすすめです。

 

ワキとか・・・、あと男性のヒゲとか。

 

トリアはレーザーなので、光のケノンよりも脱毛効果は期待できます。ただ、その分痛みも大きいです。

 

ワキとか、腕、足はその痛みに耐えられるけど、Vとかは無理でした。

 

だから、部分的に脱毛したいとか、男性の濃いヒゲを薄くしたいというなら『トリア』

 

全身を脱毛したいというなら、『ケノン』 がおすすめですね。

 

近所に脱毛エステが無い!忙しくてエステに通う暇が無い!でも、脱毛したい!という方はケノンを選んでみてはいかがでしょうか?

 

脱毛器ケノン
http://ケノン.com/

光エステの脱毛器を使用する方法

光エステの脱毛器ケノンを使用する方法についてです。脱毛ブームの影響からか予約がなかなか取れないサロンもあるようです。忙しくて脱毛サロンに行っている暇がないとか、通い易い場所に脱毛サロンが無いなど、いろいろな理由で脱毛サロンにいけない人もいると思います。光エステができる脱毛器ケノンを利用することで、忙しい人でも家庭で光脱毛施術ができます。光エステというのは、メラニン色素に反応する光を内蔵した脱毛器ケノンの事です。脱毛を施したい場所に光をあてることによって、毛根を破壊し、脱毛効果を高めて新しい毛の再生を防ぐという仕組みを持っています。脱毛サロンなどでも、光脱毛を取り入れているところがあります。光脱毛のメリットは、痛みがほとんどなく、短時間で終わる所です。光脱毛の一種とはいえ、光エステは家庭用の脱毛器です。永久脱毛できるものではありませんが、無駄毛を目立ちにくくしてくれます。剃刀やジェルなどの脱毛でありがちな毛が抜けた場所にできる赤や黒のポツポツを減らして、脱毛後のお肌をきれいにしてくれる効果があります。家でもある程度の脱毛はできますが、肌荒になりやすく、抑毛効果は薄いといいます。脱毛した場所に色素沈着を起こしたり、肌荒れなどを起こしてしまうのはこの為です。肌への負担を軽減し、短時間で、家庭で気軽に脱毛ケアができるように開発されたものが、光エステの脱毛器ケノンであるといえます。

脱毛器による光エステのメリット

光エステのメリットはいろいろとあり、代表的なものとしては手軽に脱毛できる事があげられます。光脱毛の美容機器も値段が安くなったことから、エステサロンに行って脱毛なんてという人も多いと思います。実際にエステでの値段とか、場所、脱毛の方法などを口コミでチェックしたのに、カウンセリングの予約をするのをためらってしまうなんてケースもよくあることです。美肌に興味があるけれど、エステは通いづらいという人は、家庭で使える光エステの脱毛器ケノンがおすすめです。家で空いている時間に手軽にできるのは大きなメリットです。一度ケノンを購入してしまえば、以後は時間や場所の制約に縛られることなく、光エステを使っての脱毛ができます。剃刀などを使った脱毛をすると、次に毛が生えてきた時には、かなり太い毛になってしまいます。肌表面がちくちくしたり、デメリットの多いことが気になります。ケノンによる光エステならば、除毛しながら光を当てていきます。光エステを続けていくと、むだ毛が少しずつ少なくなって、脱毛の楽になります。剃刀やワックスなどによる脱毛と大きく異なる点になります。光エステのできる家庭用脱毛器ケノンを使っていれば、夏場の薄着になる季節でも、安心して肌を人目にさらすことができるでしょう。

光エステを自宅でするデメリット

光エステの脱毛器ケノンは自宅でいつでも簡単にできるというメリットがありますが、デメリットもいくつかあるようです。デメリットとして考えられるは、エステサロンでの光脱毛とは異なり、永久脱毛ではないという点です。家庭用の脱毛器ケノンによる光エステの場合は、使用している間はムダ毛の目立たないきれいな肌でいられますが、手入れを中止するとムダ毛の量は徐々に元に戻ってきてしまいます。光脱毛は効果が永久だという印象がありますが、それは、エステの光脱毛が、永久脱毛であるとされているためです。家庭用器具で脱毛する場合は安全の為、光の出力がそれほど強くないので永久脱毛するまでの効果は期待できません。光エステで脱毛器を利用していると、徐々にむだ毛が細く、弱くなっていきます。ですが、使用を中断すると、いずれむだ毛は増加していきます。ケノンを使用した光エステの場合は、使い続けないといけないわけです。エステサロンで受けた光脱毛の場合は永久脱毛です。数回通って脱毛処理が完了してしまえば後は一切、サロンに通う必要は無くなります。自宅でケノンを使用した光エステの一番のデメリットと言えます。けれども、ムダ毛は脱毛器ケノンを使うことで減少していくため、ムダ毛処理をしない期間をだんだんと延ばしていくことができるといいます。永久脱毛では無いので、全く無くしてしまうことは出来ません。エステの光脱毛にしろ、光脱毛を家庭で行える器機の使用にしろ、長所と短所がありますので、どちらを利用した方が自分にとって都合がいいかを、きちんと検討する必要があるでしょう。